2010-06-16
「わんぱく相撲」へ向けての鋭気を養う」
去る五月一日、神奈川県厚木市・海老名市から津田虎之君(中2)津田鷹秀君(小4)長彪(おさあきら)君(小6)林怜哉君(小5)の四人のちびっ子力士が阿武松部屋の門をたたき、まわしを着け稽古を付けていただいた。

 これは長君のおとうさんが、五月四日に行われる「わんぱく相撲」の前に、稽古を付けていただけないものかと、親方にお願いしたところ、親方は快く了解して実現したもの。四人は四股の踏み方を親方に直接指導を受け、また各力士達に、テッポウやぶつかり稽古等稽古の指導を受けた。

 またこの日はキッズ阿武松の滝口遥太君(中3)も、力士の胸をかりて激しいぶつかり稽古をした。
 稽古の後はおいしいチャンコを頂き、「わんぱく相撲」へ向けての鋭気を養った。
親方に四股の指導を受ける長くん、よかったね。 津田鷹秀くんの笑顔に親方もおもわずニッコリ
滝口君の鋭いあたり。気合いが入ってるねー。 津田虎之くんは益荒海顔負けの立派な身体。
林くんも力一杯益荒海の胸にぶつかっていく 天津に四股を教えてもらう
稽古の後はおまちかねのチャンコ。 いっぱい食べて大きくなろう
最後に親方に御礼のご挨拶。親方は皆んなに頑張るよう声を掛けた
inserted by FC2 system