2012/10/07
 去る平成二十四年九月二十三日午後六時半、天緑の断髪式が、九州場所千秋楽打ち上げパーティーに先立ち、メープルイン幕張において行われた。まずはじめに司会の大和富士から、天緑のプロフィールが紹介された。内容は以下の通り。
 天緑のご紹介をさせていただきます。天緑一鉄(てんろくいってつ)、本名古賀貴大(たかひろ)、大阪府枚方市出身、26歳。
 小さい頃から体が大きく、小学校5年生の時にプールに遊びに行っていて、枚方市相撲連盟の方から「相撲をやってみないか」と誘われたのが、相撲を始めるきっかけでした。小学校、中学校となかなか相撲で勝てずにおりましたが、南京都高校に進学してから成績が残せるようになり、高校2年生では京都府のインターハイ予選で個人優勝、3年の時には埼玉国体団体5位の成績をおさめました。
 その後、大学進学かプロ入りかを迷いましたが、プロでやってみたいという気持ちが強くなり、平成17年3月に阿武松部屋に入門いたしました。
 平成21年5月場所で序二段優勝したおりには、その優勝インタビューでの明るい受け答えが話題になりました。また平成23年7月場所では、自己最高位の幕下24枚目まで番付をあげました。
 しかし1年前から、両親が故郷の福岡に戻って祖父の介護をする姿を見て、自分も介護の道を志したいと思い、本日引退をさせていただくことになりました。
 天緑のプロフィール紹介に引き続き断髪の儀に移り、千葉後援会名誉顧問習志野市長宮本泰介氏、阿武松部屋名誉顧問前習志野市長荒木勇氏、千葉後援会長鈴木喜代秋氏、町田後援会代表小山修氏、財団法人日本相撲連盟専務理事大野孝弘氏、以下関係者・恩師・知人友人等が次々と大銀杏にハサミを入れ、阿武松部屋OBの元富士龍の大金氏、元幕張の福本氏、力士代表大道関・若荒雄関・丹蔵関・阿武山・藤本・天津と続き、天緑のご両親古賀正廣氏、同とも子様がハサミを入れて、いよいよ最後に阿武松親方がとめばさみを入れ、切られた大銀杏を高く掲げて断髪の儀は終了した。
 引き続き、おかみさん、力士代表篠原、野川律子様より花束が贈呈された。
 また本日ご列席できなかった、九州後援会長近藤勲氏、名古屋後援会長森下鉾二氏、東京後援会長黒須弘道氏、名古屋後援会奥村栄二氏、元若駿河加藤善丈氏からご祝儀が届けられた。
 最後に阿武松親方が挨拶に立ち、これまで天緑をご支援いただいた皆様に、心からの謝意を述べ、天緑はそのやさしさが相撲界では時にマイナスに働くこともあったが、これからの介護の世界では不可欠な要素であり、これまでの相撲界で得たことを活かしながら頑張ってほしいと、はなむけの言葉を贈った。
 このあと天緑は整髪のためいったん退座した。
大銀杏を結い断髪式にのぞむ天緑 司会をつとめた大和富士
まず最初にハサミを入れてくださった宮本習志野市長 阿武松部屋名誉顧問荒木習志野前市長
千葉後援会長鈴木喜代秋氏 町田後援会代表小山修氏
日本相撲連盟専務理事大野孝弘氏 南京都高校時代の恩師村山日登志氏
元幕張福本氏 大道関
若荒雄関 丹蔵関
阿武山 藤本
天緑の父親古賀正廣氏 天緑の母親古賀とも子さん
最後に親方が止めバサミを入れる おかみさんが花束贈呈
親方が皆様にご挨拶 整髪し背広姿で再登場の古賀氏がご挨拶
ご両親と記念撮影 天緑の大銀杏
 天緑断髪式に引き続き、阿武松部屋打ち上げパーティーに移った。
 まず来賓挨拶では、鈴木千葉後援会長が、全体的に厳しい成績で残念であったが、その中で幕下の藤本が六勝一敗と気を吐き、来場所には必ずや十両昇進を決めると思うので、皆様にはまた支度の方を宜しくお願いしたいと述べた。次に宮本習志野市長は、自分が阿武松部屋に関わって以来の不振といって良いと思うが、これは全体的に力士の地位が上がったせいでもあり、是非ケガをしないよう注意して頑張ってほしいと述べられた。次に阿武松部屋名誉顧問の荒木氏は、本日の雨模様と成績不振でお客様のご来場を心配したが、沢山の方が駆けつけてくださったことに感謝したいとし、このファンの皆様の気持ちを大切にし、来場所では全員勝ち越しを目指し頑張ってほしいと述べられた。最後に大野日本相撲連盟専務理事は、親方の指導をよく聞いて、来場所にはまた複数の関取が誕生することを期待すると述べられた。
 続いて来賓紹介、そして千葉後援会から親方・おかみさん・全力士・床雄にご祝儀が贈呈された。
 続いて親方が挨拶に立ち、まず今場所新十両になった慶天海・丹蔵のために、後援会の皆様が立派に支度を調えていただいたことに感謝し、慶天海は残念ながら二日目に大けがをし、完全復帰には約一年ほどかかると思われるが、まだ若く必ず復帰し再び化粧まわしが着けられるよう、指導していきたいと述べた。また今場所優勝した日馬富士の相撲を振り返り、わが部屋の関取達には、ここ一番の強さが決定的に足りず、今後この点をしっかりと指導していきたいと述べ、今後のさらなるご支援をお願いし、挨拶とした。
 ここで宮本習志野市議会議員の御発声により乾杯、会食に移った。今場所は全体的にやや不本意な成績であったが、あちこちで力士を激励するファンの姿が見られた。宴もたけなわというところで、まずモントレックスの清水社長より女性用高級腕時計の提供があり、女性限定で大道関とのジャンケンゲームが行われ、幸運な女性ファンがこれを射止めた。
 次にお馴染みビンゴゲームが大瑠璃の司会で行われ、多くの景品が振る舞われた。ことに上位二名限定で、旭栄食品株式会社社長、専修大学相撲部監督の蒲田氏より冷凍食品セット目録が提供され、当たった方々に大いに喜ばれた。
 ここで整髪のために退座していた元天緑、古賀貴大氏が背広姿で再登場し、ファンの方々から花束を贈呈されたあと挨拶に立った。古賀氏は好きな鉄道列車のように、新たな介護の仕事の道を力強くしっかりと前進していきたいと、力強く述べた。
 大いに盛り上がった打ち上げパーティーもいよいよお開き。千葉後援会役員の熊倉一夫氏の御発声により、一本締めをもって終了した。
千葉後援会長鈴木氏のご挨拶 千葉後援会名誉顧問宮本習志野市長のご挨拶
阿武松部屋名誉顧問荒木習志野前市長のご挨拶 大野日本相撲連盟専務理事大野孝弘氏のご挨拶
鈴木会長よりご祝儀をいただく大道関 ご祝儀をいただく若荒雄関
ご祝儀をいただく丹蔵関 勝ち越しの花束をいただく丹蔵関
勝ち越しの花束をいただく益荒海 ご祝儀をいただく好成績を残した藤本
親方がご挨拶 宮本習志野市議の御発声により乾杯
大道関。専修大学時代の恩師大野氏、東京都相撲連盟副会長板倉氏と 会食風景
チャンコをお配りする阿武山と床雄 佐久間東京都相撲連盟副理事長と鈴木兄弟
親方と女性ファン 今は介護の仕事をしている元富士龍の大金氏
大瀬海と大金氏、そして元幕張の福本氏 元キッズ阿武松の滝口君とおかあさん、そして蒲田夫人
女性ファンにお酌をする若荒雄関 復帰の決意を語る阿夢露
末川と千葉後援会の佐藤氏 篠原と女性ファン
天津とファンの方々 能登櫻と篠原の父篠原達広氏
チャンコをお配りする蘇と阿光 相坂と若山
後援会の方にご挨拶するおかみさん 大道とのジャンケンゲームでみごと腕時計をゲットした女性ファン
蒲田氏より提供された冷凍食品目録 お馴染みビンゴゲームの司会は大瑠璃
みごとビンゴ ビンゴの賞品を手に、ヤッター
熊倉一夫氏の御発声で一本締め お見送りをする親方とおかみさん

inserted by FC2 system